ペンタブレット『Bamboo Pen CTL-460』の魅力とは?

Wacom ペンタブレット Sサイズ シンプルタブレット 描き心地にこだわった筆圧1024レベル Wacom Bamboo Pen CTL-460/K0

ペンタブレットは『板タブ』と『液タブ』があるので、どちらを購入するべきか悩んでしまう方はいるでしょう。

実際に、この2つのタイプは一長一短あるので、どちらのほうを購入したほうが良いという訳ではありません。

しかし、板タブは低価格な機種が多くて、その中でも『Bamboo Pen CTL-460』は値段が安いほうの機種です。

そこで、値段が安くなっている本製品について紹介しながら、板タブと液タブの特徴なども説明するので、ペンタブレットを購入しようと考えている方は確認してみて下さい。

Bamboo Pen CTL-460の特色

Wacom ペンタブレット Sサイズ シンプルタブレット 描き心地にこだわった筆圧1024レベル Wacom Bamboo Pen CTL-460/K0

本製品は、リーズナブルな価格になっているので、デジタルのイラストを制作しやすくなっているのか、心配になってしまう方は多いでしょう。

そこで、本製品の品質や価格について紹介するので、見ていきましょう。

筆圧レベル

以前まで、デジタルのイラストを制作する際には『マウス』が主流でした。

しかし、マウスの場合には、なめらかな線を引きづらい上に、線や色の太さを描き分けられないという問題点もあったのです。

ところが、ペンタブレットには『筆圧レベル』が搭載されているので、線や色の太さを描き分けられるようになっています。

そして、本製品の筆圧は『1024レベル』もあるので、極細から極太まで描き分けられます。

そのため、細い髪の毛から、太い眉毛まで、ひと塗りで描けるようになっているのです。

描き心地

ペンタブレットで、デジタルのイラストを制作する際には、本体に専用ペンを引いていく必要があります。

そのため、ペンタブレットの本体がなめらかな描き心地になっていなければ、専用ペンが引っかかってしまうので、注意しなければいけません。

そこで、本製品は紙の上に専用ペンを引いていくような描き心地を実現する事によって、デジタルのイラストを制作しやすくなっています。

そのため、描き心地にこだわる方には、本製品はおすすめのペンタブレットです。

コードレス

液タブの中には、パソコンを併用しなくても、デジタルのイラストを制作できるものがあります。

しかし、そのような機種は高額な物が多いので、今までペンタブレットを利用した事がない方は、気軽に購入できるものではありません。

そのため、リーズナブルな価格で販売されている本製品は、パソコンを併用する必要があります。

ところが、本製品は『コードレスタイプ』になっているので、パソコンデスクの上に邪魔になってしまうコードを設置する必要がありません。

そのため、本製品はデジタルのイラスト制作に集中しやすくなっています。

リーズナブルな価格

本製品は、デジタルのイラストを制作しやすいペンタブレットになっているので、多くの方たちは「本当にリーズナブルな価格なのだろうか」と戸惑ってしまったかもしれません。

ところが、本製品は本当にリーズナブルな価格になっていて、Amazonでは送料無料で税込価格5,480円で購入する事ができるのです(2018年4月8日時点)。

実は、日本で販売されているペンタブレットの中には、100,000円以上になっている製品は多くあります。

そのため、コストパフォーマンスの高いペンタブレットを探している方にも、本製品はおすすめです。

板タブのメリット

本製品を購入する際には、まず板タブには、どのようなメリットがあるのか把握しておく必要があります。

そこで、板タブを利用した場合のメリットを紹介するので、確認してみて下さい。

首にかかる負担を軽減

板タブを利用する際には、本体に専用ペンを引いても、イラストが映し出されるのは、パソコンのディスプレイです。

実際に、パソコンのディスプレイを見ようとしたら、頭を傾かせる必要がないので、首や肩にかかる負担を軽減できます。

もしも、板タブの本体にイラストが映し出されてしまえば、頭を傾かせて利用する必要があるので、湾曲している首がストレートになってしまいます。

首がストレートになれば、ストレートネックになる可能性があるので、肩こりや首こりになってしまう恐れがあるのです。

そのような事を考えたら、パソコンのディスプレイにイラストが映し出されるのは板タブの大きなメリットです。

夏場でも容易に利用可能

液タブは高機能なペンタブレットですが、熱を放出してしまう機種なので、暑い夏場の季節には利用しづらくなっています。

そのため、液タブを利用している方たちの中には『冷却ファン』を利用している方さえいるのです。

そのような特徴がある液タブなので、暑がりの方は、利用しづらく感じてしまいます。

ところが、板タブは熱をあまり放出しないので、暑い夏場の季節でも利用しやすくなっているのです。

そのため、板タブであれば、1年を通して扱いやすくなっています。

液タブのメリット

板タブはメリットがいくつもありましたが、残念ながらデメリットもあります。

そのデメリットは、実は、液タブはカバーしているのです。

そこで、板タブと液タブのどちらを購入するべきか悩んでしまう方のために、液タブのメリットも紹介するので、見ていきましょう。

線のズレを抑制

液タブは、板タブとは違って、本体に液晶画面が搭載されていて、そこにイラストが映し出されるようになっています。

そのため、液タブは、頭を傾かせて利用する事になるので、身体に負担をかけてしまいます。

しかし、液タブの本体にイラストが映し出される事によって、線があまりズレないようになっているのです。

それに引き換え、板タブはイラストがパソコンのディスプレイに映し出される事から、線がズレやすくなってしまいます。

そのため、線を正確に描きたい場合には、板タブよりも液タブのほうが、おすすめです。

高機能

本製品は、筆圧が1024レベルもありますが、液タブの中には筆圧が8192レベルもある機種が存在しています。

その他にも、液タブは大きなサイズの機種もあって、板タブより液タブのほうが高機能になっているのは間違いありません。

そのため、高機能になっているペンタブレットを探している方であれば、液タブのほうがおすすめです。

しかし、液タブは高額な機種が多い事を考えたら、値段が安い機種を探している方は注意して下さい。

利用者たちの口コミ

板タブと液タブの違いを説明してきましたが、それでも本製品を購入するべきか悩んでしまう方もいるでしょう。

そこで、本製品を利用している方たちの口コミも紹介するので、このペンタブレットを購入するべきか、参考にしてみて下さい。

良い口コミ

本製品を6年ほど利用していても、故障しないで、利用できている所を気に入っている方がいました。

実は、ペンタブレットの中には、数ヶ月ほど利用していたら、故障してしまう機種もあるのです。

そのため、長い間に渡って利用できるペンタブレットを探している方にも、本製品はおすすめです。

さらに本製品は、コンパクトなサイズになっていて、満足している方もいました。

実際に本製品のサイズは、幅248.2×奥行176.1mmしかないので、パソコンデスクがあまり大きくない物でも、本製品であれば利用しやすくなっています。

悪い口コミ

本製品を購入した方たちの中には、製品が届いた時に、すでに故障しているケースがありました。

ただし、このようなケースは、他の製品でもあり得る事なのです。

そのため、故障している製品が届いた場合には、1日でも早くメーカーに連絡したほうが良いです。

その他に、本製品にはデジタルのイラストを制作できるソフトが付いてこなかった所を残念に思っている方がいました。

ただし、本製品のようにリーズナブルな価格になっている事を考えたら、ソフトが付いてこなくても仕方のない部分です。

まとめ

本製品は低価格なペンタブレットなので、筆圧は1024レベルになっています。

そのため、液タブに比べたら、筆圧はそれほど高くありません。

しかし、高額な液タブを購入してから、期待していたほどの機種でなければ、後悔する事になってしまうので注意して下さい。

そのような事を考えたら、これからペンタブレットを初めて購入する方は、まず低価格な本製品で試してみる事をおすすめします。