ペンタブレットを使用することで今までの世界観は大きく変わっていく

今までの紙とペンを使用して描いていた絵などを、デジタルにさせることで便利にそしてより自分が表現したかったカラーなどを出すことができます。

ペンタブレットは、こうした期待に応えてくれるアイテムです。

ペンタブレットを今まで使用したことがないと言う人は、機能性や価格帯など総合的に判断をして上手に選んでいきましょう。

ペンタブレットは世界観が広がる

ペンタブレットとは

ペンタブレットを利用することで、今までの世界観は大きく変わってきます。

デジタルで絵などを描くときには、多くの場合にはパソコンのマウスを使用していたでしょう。

誰でも簡単にマウスを使用してパソコンでデジタルの絵を描くことができていましたが、さらに便利にさらに美しく描くには、マウスでは限界があると感じていたことも事実です。

やはり実際の紙とペンを使用した描き方が一番であり、微妙なラインやカラーの表現などはマウスでは対応できないと考えられていました。

しかし、ペンタブレットはこうした常識を大きく覆した物だと言えます。

ペンタブレットは、マウスの代わりに専用のペンを使用し、さらにモニタの代わりにタブレットのような液晶を使用します。

まさに紙とペンを使用したような使い心地が可能であり、今までよりもよりスムーズに、より美しく描くことができるようになりました。

イラストレーターなどの仕事をしている人であればことはペンタブレットはかならず持っておくべき、なくてはならないアイテムになっています。

今までの感覚を変えてくれる

また、ペンタブレットがあることで、今までの世界観を大きく変えてくれます。

イラストレーターなどの場合、思いついた瞬間にイラストとして残したいと言う場面が多々あります。

ペンタブレットがあれば、確実にイメージした物がすぐに形として残すことができます。

モバイルとして手軽に持ち運ぶことができますので、まさに世界観を変えてくれる存在なのです。

ペンタブレットの選び方

何を主として描くのかを把握する

ペンタブレットを選ぶときには、必ずどういった目的で使用するのかを考えておきましょう。

ペンタブレットには、さまざまな画面サイズサイズがあり、当然その画面サイズからはみ出るような大きな絵は描くことはできません。

そのため、どのくらいのサイズの絵を頻繁に描くのかなど、事前に把握しておけば自然とペンタブレットの画面サイズも決まってきます。

ペンタブレットの画面サイズは後から変更するようなことはできませんので、慎重に撰んでいきましょう。

筆圧レベルは最も重視する

ペンタブレットにとって、筆圧レベルはなにより大切な機能です。

筆圧レベルとは、ペンを押し当てたり、傾けたりすることで一般的な筆やペンで描いているようなその人の描き方の癖が出せる機能です。

この機能により、より鮮明な絵や文字を描くことができますので、レベルの高いイラストなどを求めているときには、この筆圧レベルは必ず注目しておくべきポイントになります。

筆圧レベルは、数値によって現れています。

数値が高くなるにつれて、この筆圧レベルは向上していきますが、一般的な使用の場合には2048レベルほどあれば十分だと言えます。

これ以上の筆圧レベルの場合には、多くの人が目では確認できないレベルになります。

当然、筆圧レベルが高くなってしまいと、それだけ高額なペンタブレットになってしまいますが、この部分は妥協することなく選んでいきましょう。

直感的に操作のできるシンプル性

また、ペンタブレットは直感的に使用することができるモデルを選ぶことも重要です。

多くのペンタブレットは簡単に操作ができるように工夫されていますが、それでもメーカーやモデルによって差があります。

直感的に操作ができれば、より便利にスピーディーに作業ができるようになります。

イラストレーターなどを目指している人は、見た目が綺麗だと言うことなども重要になってきますが、スピーディーに描くことができるのも重要なことです。

できるだけ自分が使用していて楽だと感じるモデルを選ぶように心がけましょう。

メーカも意識する

トータル的に失敗の少なく選ぶ方をする場合には、やはりペンタブレットのメーカー選びは重要視するようにしましょう。

ペンタブレットを発売しているメーカーは少なく、限られてきますが、その中でもしっかり検討を重ねて選ぶようにすることが重要です。

自分には合わないメーカーを選んでしまった場合、ペンタブレット自体が使い辛いと判断してしまうことにもなりますので、最初の一台はとても重要な意味を持っていることを理解しておきましょう。

ペンタブレットのサイズ

SMLサイズに分けられる

ペンタブレットにとって重要なサイズ選びですが、ペンタブレットはSMLサイズで分けられていることが一般的です。

大きく分けてこの3つのサイズに分けることができますので、とても選ぶやすくなっています。

Sサイズの場合にはちょうどハガキサイズと同じであり、手の中に納まるサイズなので、持ち運びも楽で、気軽に使用することができるメリットがあります。

またMサイズは、Sサイズよりも一回り大きく、ハガキを2枚重ねたくらいのサイズになります。

手の平に納まるサイズではありませんが、より大きな絵が文字を楽に描くことができるサイズなので、モバイルとして使用するサイズではなく、しっかり椅子に座って描こうとさせてくれるサイズだと言えます。

Lサイズについては、まさに本格的な絵を描くときに使用するサイズだと考えておいてください。

このサイズを使用している人は少ないかもしれませんが、Lサイズであればより本格的な絵を描けます。

サイズに余裕がありますので、想像力をさらに広げてくれることは間違いありません。

おすすめのペンタブレットメーカー2選

ワコム

ペンタブレットと言えば、多くの人はこのワコムをイメージするでしょう。

ペンタブレットにおいては右に出る者はいないと言われるほど有名なメーカーであり、さまざまなモデルを発売しています。

ワコムのメリットは、リーズナブルな価格で本格的な作業ができることです。

価格は画面サイズで違いがありますので、自分の理想としているサイズを選ぶことで、後は大きな不満を感じるような場面はないと言えます。

多くの人におすすめなペンタブレットです。

HUION

HUIONもペンタブレットメーカーとしては多くの人が知っているメーカーです。

HUIONのメリットは、ワコムよりもさらに安い価格で高性能なモデルを選ぶことができることです。

とくに注目するべきポイントは筆圧レベルです。

筆圧レベルが向上すると、どうしても高額になってしまいますが、HUIONのペンタブレットは驚くほどの筆圧レベルでもリーズナブルな価格で購入することができます。

購入した後の満足感はとても強いので、初めてペンタブレットを購入する人にとっては最高におすすめできるメーカーです。

購入に迷っても、気軽に購入できる価格なので安心できます。

まとめ

綺麗な絵や文字をデジタルで描きたい考えている場合には、ペンタブレットの使用をおすすめします。

ペンタブレットは、まさに紙とペンを使用しているように描くことができ、今までの世界観を変えてくれる存在になってくれます。

これからペンタブレットを選ぶ人は、できるだけ高性能なモデルを選んでおきましょう。

その方が失敗を防ぐことができます。