液タブ『Parblo Coast22』は視認性と機能を両立?

Parblo Coast22 21.5インチグラフィックモニター お描き液晶モニタ デジタルスクリーン コードレスとバッテリーフリーペン+防塵スクリーンプロテクター+モニタープロテクターカバー+2指グローブ+pergearクリーニングキット+mini DisplayPort → HDMI アダプタなどが付き

液タブは、アナログのイラストに近い環境で、デジタルのイラストを製作する事ができます。

そのため、多くの方たちから高い人気を集めている事もあって、値段が高くなっていたのがネックでした。

所が『Parblo Coast22』は同じ液タブなのに、値段が安くなっているのです。

しかも本製品は、視認性(見やすさ)と、イラストを製作する機能を両立しているので、液タブに興味がある方のために詳しく紹介しましょう。

Parblo Coast22の視認性

本製品の視認性が優れているポイントが3つあって、それが、21.5インチ・視野角・高解像度です。

ただし、この3つポイントの中にはメリットだけではなくデメリットもあるのです。

そこで本製品を購入していから後悔する事がないように、この3つのポイントについて紹介するので、確認してみて下さい。

21.5インチ

液タブが、アナログのイラストに近い環境になっているのは、ペンタブ本体の液晶画面にイラストが映し出されるからです。

この液晶画面に専用ペンを引いていくので、紙やキャンバスに絵を描いていくような感覚で、デジタルのイラストを製作する事ができるのです。

そのため、液タブを購入する際には、大きめのサイズになっているほうが、イラストを見やすくなっていますし、勢いのある線を引きやすくなっています。

そして本製品は『21.5インチ』もあるので視認性が優れています。

ただし大きめのサイズになっているという事は、大きめのパソコンデスクが必要になるので、自宅に置かれているパソコンデスクが小さい場合には注意して下さい。

視野角

本製品は画面が大きくなっているだけではなく、視野角が高くなっています。

実際に本製品の視野角は、170度もあるので、色や輝度が変化しづらくなっているのです。

そのため、正面からペンタブ本体を見ている時と、違う角度から見た時の差があまりないのです。

そのような特徴があるので、液タブ本体に描き込まれたイラストの線が真っ直ぐになっているのか、遠くから眺めてみても色や輝度があまり変わらないので、イラストを確認しやすくなっています。

高解像度

デジタルのイラストを製作する際には、美しいイラストを映し出す事ができなければ、集中力が低下しやすいので注意しなければいけません。

そのため、液タブを購入する際には『解像度』に注目しなければいけません。

この解像度は『ドット(点)』の集まりで、1つのドットで1つの色を表す事ができるのです。

そして本製品の解像度は『1920×1080』もあるので、横方向に1920ドット・縦方向に1080ドットもあります。

そのため、なめらかな線や、様々な色を映し出せるようになっているのです。

本製品の機能

本製品は視野角が優れているだけではなく、デジタルのイラストを製作しやすくなっています。

その秘密は『筆圧感度』と『RPS』にあります。

そこで本製品を詳しく知りたい方のために、この2つの機能について紹介するので、確認してみて下さい。

2048レベル

筆圧感度とは、ペンタブ本体に専用ペンを接した時の筆圧を感知する機能になります。

そのため、筆圧感度が優れている液タブであれば、筆圧の強弱を反映しやすくなるので、線や色の太さの幅も広くなっているのです。

そして本製品の筆圧感度は、2048レベルもあるので、専用ペンにかける力を強くすれば線や色が太くなって、専用ペンにかける力を弱めれば線や色を細くする事ができます。

そのため、線の強弱を付けやすい液タブを探している場合には、本製品はおすすめです。

200RPS

液タブを購入する際には、多くの方が筆圧感度に注目しがちですが、RPSも重要なポイントになります。

なぜならRPSの数値が大きくなっていれば、スムーズに線を引く事ができるからです。

実際にスムーズな線を引く事ができなければ、なめらかな線で描く事ができないので、満足できるような線画を完成させる事ができません。

そして本製品は、200RPSもあるので、スムーズに線画を製作していく事が可能です。

製品情報の内容

本製品の視認性や機能を分かってもらえた所で、次に製品情報も紹介するので、本製品を購入するべきか悩んでいる方は確認してみて下さい。

パッケージ

液タブを選ぶ際には、ペンタブ本体の性能だけではなく、パッケージ内容も把握する必要があります。

なぜならパッケージが充実していなければ、すぐにデジタルのイラストを製作できないからです。

それでは本製品のパッケージはどうなのかと言えば、ペンタブ本体の他には、専用ペン・スクリーンプロテクター・プロテクターカバー・2指グローブ・バレルホルダー・交換用ペン先・ペン先削除リング・インストールCD・電源アダプター・電源コード・USBケーブル・HDMIケーブル・HDMIアダプター・VGAケーブル・pergearクリーニングキットなどがあります。

このように必要最低限度の部品だけではなく、2指グロープのように液晶画面に指紋が付かないようにするための製品まで用意されているのです。

必要なOS

本製品とパソコンを併用するためには、液タブに対応しているOSをパソコンにインストールする必要もあります。

そして本製品に対応可能なOSは、WindowsはXP・7・8・8.1・10・Vistaで、MacはOS X 10.6.8以上になっています。

もしも、本製品に対応可能なOSをインストールされていない場合には、まずパソコンのメモリの空き要領を確保した上で、インストールして下さい。

そうしなければパソコンがフリーズする事があるので、気を付けて下さい。

低価格な液タブ

本製品は視認性や機能が両立している上に、パッケージが充実しているので、多くの方たちは「本当に値段が安くなっているのだろうか」と半信半疑になったかもしれません。

所が、Amazonでは、送料無料で税込価格49,999円にしかなりません(2018年2月27日時点)。

そのため、コストパフォーマンスの高い液タブを探している方にも、本製品はおすすめです。

本製品のレビュー

本製品の魅力を紹介してきましたが、実際に利用している方たちが、本当に満足しているのか、知りたい方もいるでしょう。

そこで本製品のレビューを紹介するので、利用者たちが満足しているのか、確認してみて下さい。

好意的なレビュー

本製品を利用している方たちの中には、美しい画面が映し出されるケースがありました。

この辺りは、高解像度になっているのが大きく関係しています。

さらに本製品の専用ペンを利用してみたら、ペン先が沈み込まない所を気に入っている方もいました。

実は数多くある液タブの中には、ペン先が沈み込んでしまって、デジタルのイラストを製作しづらいケースもあるのです。

それを考えたら、ペン先が沈み込みづらくなっているのは、本製品の大きな魅力です。

否定的なレビュー

本製品を利用している際に、専用ペンを止めている状態のまま止めていたら、少し揺れてしまうケースがあります。

そのため、気を抜いていたら、専用ペンが揺れてしまう可能性が高いので注意する必要があります。

さらに本製品を利用しようとしたら、ポインタが少しズレてしまうケースもあったので、この液タブの操作に慣れるまで、時間をかけてしまう可能性があるので注意して下さい。

まとめ

本製品は視認性が優れているので、イラストを拡大しなくても、画面が見やすくなっています。

そのため、視力が低い方でなければ、イラストを拡大する回数を少なく済ませる事ができるので、短時間で作業を完了させる事ができます。

さらに筆圧感度も優れているので、表現力が豊かなイラストを完成させる事ができるので、視認性だけではなく機能にもこだわりたい方には、おすすめの液タブです。