液タブ『XP-Pen Artist15.6』の魅力は正確性?

XP-Pen 液タブ 液晶ペンタブレット 15.6インチ バッテリフリースタイラス フルHD 筆圧8192レベル 6個エクスプレキー Artist15.6

液タブは、液晶を採用しているペンタブで、アナログのイラストを描いている方でも、短期間で慣れる事ができます。

そのため、デジタルのイラストを描いている方たちの間では高い人気を誇っています。

ただし高性能な液タブでも、正確性が優れていなければ、イメージ通りにイラストを製作する事は難しいです。

そこで、おすすめなのが『XP-Pen Artist15.6』という液タブです。

この液タブは正確性が優れている上に、魅力的なポイントがいくつもあるので、その魅力に迫ってみます。

XP-Pen Artist15.6の魅力

本製品は正確性が優れているだけではなく、イラストを確認しやすくなっている上に、筆圧感度も優れています。

そこで本製品を詳しく知らない方のために、この液タブの優れている機能について紹介するので、確認してみて下さい。

反応率

本製品は『266RPS』もあるので、専用ペンの反応率が高くなっています。

実際に数多くあるペンタブの中には、専用ペンをペンタブ本体に接触させても、反応が悪い機種があるのです。

そのような機種を利用していたら、イメージ通りにイラストを製作する事が難しいので注意しなければいけません。

そのため本製品を利用していれば、イメージ通りのイラストを製作しやすくなっているので、正確性を重視している方には、本製品はおすすめの液タブです。

15.6液晶ペンタブ

正確性が優れている液タブでも、サイズが小さすぎたら、イラストを確認する事が難しいので気を付けなければいけません。

もしも視力が低い方の場合は、イラストを拡大したり縮小したりする必要があるのです。

しかし、そのような事をしていたら、イラストを完了させるまでに時間をかけてしまうので、仕事のために使う事が難しいです。

所が、本製品は『15.6液晶』を採用しているので、大きめのサイズになっている事から視力が低い方でなければ、あまりイラストを拡大したり縮小したりする必要がありません。

筆圧感度

イラストを製作する際に、境界線の太さが均一になっていたら、少し単調な作品になってしまうので気を付ける必要があります。

そこで本製品は『筆圧感度』が8192レベルを達成する事によって、少し専用ペンにかける力を強くすれば、太めの線を引く事ができます。

そして専用ペンにかける力を弱めれば線を細くする事ができるのです。

もしも筆圧感度のレベルが低かったら、専用ペンにかける力の入れ具合を変えても、それほど線の太さに違いが現れないので注意しなければいけません。

そのため、境界線に違いを現したい場合には、本製品を検討してみる価値があります。

利便性の高いポイント

本製品は高性能になっているだけではなく、利便性が高いポイントがいくつもあります。

そのため、本製品であれば長い間に渡って利用しやすいので、どのような所が利便性が高くなっているのか、紹介するので参考にしてみて下さい。

薄型タイプ

自宅だけで液タブを利用する場合には、あまりボディサイズは問題になりません。

しかし、自宅だけではなく学校または職場でもペンタブを利用したい場合には、大きめのサイズになっている液タブでは持ち運びしづらくなっているので注意する必要があります。

所が、本製品は薄型タイプになっていて、液タブ本体の厚みがわずか11mmしかありません。

そのため、それほど大きくないバッグでも入れやすくなっているので、自宅だけではなく学校または会社でも利用しやすいペンタブを探している方にも、本製品はおすすめです。

耐久性

本製品は高品質な液タブになっているので、粉塵があまり蓄積されないようになっています。

そのため、本製品は長い間に渡って使用できるようになっているのです。

実際にペンタブが故障してしまえば、専用ペンの反応が悪くなる可能性が高くなるので、注意しなければいけません。

そのため、本製品であれば、長い間に渡って、快適に使用する事ができます。

バッテリーレスの専用ペン

ペンタブの機種によっては、専用ペンに電池を入れる必要があります。

そのため、ペンタブの利用を続けるために、ある程度のコストをかける事になるので注意しなければいけません。

所が、本製品の専用ペンは『バッテリーレス』なので、そのようなコストをかける必要がありません。

さらに充電も必要がないので、バッテリーが切れて、イラスト製作を中断する事もないのです。

そのため、本製品であれば、集中してイラスト製作に取り組む事ができます。

液タブのメリット

本製品は液タブなのに低価格で販売されていて、Amazonでは送料無料で税込価格37,998円で購入する事ができます(2018年1月29日時点)。

しかし板タブであれば、本製品より低価格な機種が数多くあるので、本製品よりも板タブのほうを購入したほうがお買い得のように感じてしまう方もいると思うので、液タブのメリットを紹介します。

アナログに近い環境

本製品は板タブよりも高価格になってはいますが、ペンタブ本体の液晶画面にイラストが映し出されます。

それに引き換え、板タブはパソコンのディスプレイにイラストが映し出されるので、アナログのイラストとは環境が大きく異なってしまうのです。

そのため液タブであれば、イラストが映し出される場所に専用ペンで描き込んでいく事ができるので、アナログのイラストに近い環境なのです。

液タブと板タブでは、そのような差がある事から、液タブであれば、デジタルのイラストを製作してこなかった方でも短期間で慣れる事ができます。

正確性がアップ

本製品の正確性が優れているのは、専用ペンの反応率だけではなく、液タブの特徴も大きく関係しています。

なぜなら、液タブはイラストが映し出されている所に専用ペンで描き込んでいくので、線がズレづらくなっているのです。

所が、板タブの場合にはペンタブ本体に描き込んでいっても、パソコンのディスプレイにイラストが映し出されるので、線がズレやすくなっています。

そのため、正確性のあるペンタブを利用したい場合には、板タブよりも液タブのほうがおすすめです。

利用者たちの満足度

本製品は正確性が優れている液タブですが、利用者たちの中には、満足している方もいれば、不満を抱いている方もいました。

そのため、本製品を購入してから後悔する可能性があり得るので、注意しなければいけません。

そこで本製品を利用している方たちの口コミを紹介するので、参考にしてみて下さい。

好意的な口コミ

本製品を利用してみたら、発色が優れている所を気に入っている方がいました。

そのため、発色が優れていないペンタブを利用している方は、本製品を試してみる価値があります。

さらに本製品が、適度な大きさになっていて、満足している方もいました。

実際に大きめのサイズの液タブであれば、イラストは見やすくなっていますが、パソコンデスクが狭く感じる事があります。

そのような事を考えたら、液タブ本体が適度な大きさになっているのは、本製品の大きな魅力です。

ただし、適度な大きさに感じるかは利用する方によって、違うので注意する必要はあります。

否定的な口コミ

本製品に専用ペンを接した時に、線がズレてしまうケースがありました。

実際に液タブは、線がズレづらくなっていますが、専用ペンを寝かせて描き込んでいけば、マウスポインタズレやすくなってしまうのです。

そのため、本製品を利用している時に線がズレやすくなっていたら、専用ペンを垂直の状態にして、描き込んで下さい。

さらにMacを利用している方で、不具合が何回も起きてしまった方もいたので、パソコンのOSによっては不具合が起きてしまう事があるので気を付けて下さい。

まとめ

本製品は正確性が優れているので、専用ペンの使い方に注意すれば、線がズレづらくなっています。

そのため、細かい所を描き込んでいく、細密描写も可能なので、リアルなイラストを作成する事もできるのです。

さらに液タブの中では低価格な機種なので、今まで液タブが高額で購入できなかった方でも、気軽に購入する事ができます。