Wacomの液タブなのにリーズナブルな価格でお買い得な機種!

ワコム 液タブ 13.3フルHD液晶 Cintiq 13HD DTK-1301/K0

Wacomは、数多くの液タブを販売している事で知られている上に、人気の高いメーカーでもあります。

そのため、Wacomの液タブは高額な機種が多いので、このメーカーの液タブを購入したくても、今まで購入を断念していた方も多いでしょう。

所が『Wacom Cintiq 13HD(DTK-1301/K0)』であれば、リーズナブルな価格で販売されているので、その魅力に迫ってみましょう。

Wacom Cintiq 13HDの魅力

本製品には、魅力的なポイントが4つあって、それが、13.3型フルHD液晶・2048レベル・視野角・価格などです。

このように、本製品はリーズナブルな価格になっているだけではなく、魅力的なポイントが多くあるので、詳しく紹介します。

13.3型フルHD液晶

本製品は、13.3型フルHD液晶になっていて、解像度が1920×1080にもなっているのです。

これほど高解像度になっているので、美しい色彩のイラストを表示する事ができるので、今まであまりイラストを美しく表示できない液タブを利用している場合には、本製品に買い換えてみる価値があります。

ただし、本製品は13.3型になっているので、もう少し大きめの液タブが欲しい方はいるかもしれません。

しかし、大きすぎる液タブを購入してしまえば、パソコンデスクにイラスト関連の資料を置く事が難しくなるのです。

そのため、あまり広いパソコンデスクを持っていない方には、適度な大きさになっている本製品は、おすすめです。

2048レベル

本製品は、高解像度になっているだけではなく『筆圧感度』が2048レベルになっているのです。

実際に、筆圧感度のレベルが高くなっていれば、線や色の太さを調整しやすくなります。

もしも、筆圧感度のレベルが高くなければ、専用ペンにかける力を強くしても、線や色を太くする事ができないので、イライラしてしまいます。

そのため、線画を制作するのに時間をかけてしまうので、注意しなければいけません。

そのような事を考えたら、筆圧感度のレベルが高くなっているのは、本製品の大きな魅力です。

視野角

液晶付きの家電製品を購入する際に、注意しなければいけないのが『視野角』です。

なぜなら、視野角が狭い家電製品を利用してしまえば、少しでも見る角度を変えてしまえば、色彩が変わってしまうからです。

所が、本製品は視野角が広くなっていて水平と垂直が178度になっている事から、見る角度を少し変えても、あまり色彩が変わりません。

そのため、姿勢が少し崩れても、同じような環境でイラスト制作を続ける事ができます。

リーズナブルな価格

本製品は、魅力的なポイントが多い液タブなので、本当にリーズナブルな価格なのだろうかと心配になってしまった方は多いかもしれません。

所が、本製品は本当にリーズナブルな価格になっていて、amazonでは送料無料で税込価格77,193円で購入する事ができるのです(2018年7月10日時点)。

実際に、Wacomの液タブの中には、200,000円を超えてしまう高額な機種はいくつもあります。

そのため、今までWacomの液タブを購入したくても、値段が高すぎて購入できなかった方でも、本製品であれば気軽に購入する事ができます。

本製品のメリット

本製品は液タブとして優れている機種なので、この機種を利用する事によって、いくつかメリットを得る事ができます。

そこで、この液タブを詳しく知りたい方のために、どのようなメリットを得る事ができるのか紹介するので、見ていきましょう。

ポイントのズレを抑制

本製品は、値段が安い機種でも、液タブになっているので、専用ペンとポインタのズレを抑制できています。

実際に板タブであれば、イラストが表示される場所が、パソコンのディスプレイなので、ポインタがズレやすくなっているのです。

所が、本製品のようにポインタがあまりズレない機種であれば、集中しながらイラストを制作する事ができます。

首や肩にかかる負担を軽減

液タブは、液晶画面にイラストが表示されるのは大きな魅力ですが、肩こりになりやすいので注意する必要があります。

なぜなら、パソコンのディスプレイよりも液タブのほうが低い位置になっているので、液タブを見るためには頭を傾かせる必要があるからです。

そこで、本製品は3段階に高さを調整できる『脱着式スタンド』を採用しているので、あまり頭を傾かせなくてもイラストを確認する事ができます。

そのため、本製品であれば、肩こりになる可能性が低くなっているので、高さを調整できるようになっているのは大きなメリットです。

本製品の基本情報

本製品の魅力やメリットなどを理解してもらえた所で、次に基本情報も紹介するので、この液タブを購入するべきか悩んでいる方は参考にしてみて下さい。

お買い得セット

本製品は、機能が優れているだけではなく、数多くの付属品がセットになっているのです。

実際に、本製品は液タブ本体の他に、角度調整機構スタンド・専用ペン・クリーニングクロス・専用接続ケーブル・ペンケース・標準芯9本・芯抜き・ペンスタンド・ACアダプタ・ドライバCD-ROM・クイックスタートガイドなどがあります。

このように、イラストを制作するために必要な道具だけではなく、汚れを落とせるクリーニングクロスまで用意されているので、本製品はお買い得な製品です。

必要なOS

Wacomの液タブの中には、パソコンを利用しなくても、イラストを制作できる機種があります。

しかし、本製品のようにリーズナブルな価格になっている機種の場合では、パソコンを併用する必要があるのです。

そして、本製品とパソコンを併用する場合には、この液タブに対応可能なOSがパソコンにインストールされている必要があります。

その対応可能なOSとは、Windowsは7・8・10で、MacはOS X 10.10・10.11・10.12などです。

ただし、OSをインストールしようとしたら、大事なデータがなくなってしまうケースもあるので、事前にデータはバックアップを取っておいたほうが良いです。

利用者たちの満足度

本製品は、魅力的なポイントが多い液タブだったので、多くの方たちは「本当に、そこまで魅力的な液タブなのだろうか」と思ってしまったかもしれません。

そこで、本製品を利用している方たちの口コミを紹介するので、本当に魅力的な液タブなのか参考にしてみて下さい。

好意的な口コミ

本製品を利用するために、準備しようとしたら、簡単に接続できて満足している方がいました。

実際に、本製品の接続ケーブルは、3つのケーブルが1本にまとめられている事から、パソコンデスクの上がスッキリとした状態で、作業する事ができます。

そのため、数本のコードが設置されていたら、気になってしまう方は、本製品を検討してみる価値があります。

さらに、本製品は高品質になっている事から、短時間でイラストを制作できるようになって、満足している方もいました。

否定的な口コミ

本製品を注文してみたら、傷が付いている状態の機種が届いてしまって、不満を抱いている方がいました。

そのため、ボディの傷などが気になる場合には、値段は少し高くなりますが、中古品ではなく新品のほうを購入したほうが良いです。

さらに、本製品の専用ペンが太くなっていて、ペン先が確認しづらくなっている所を気にしている方もいたので、気を付けて下さい。

まとめ

本製品は、Wacomの液タブなのに、リーズナブルな価格になっています。

さらに、様々な付属品がセットになっているので、本製品を注文したら、その他に様々な道具を購入する必要がありません。

ただし専用ソフトを購入する必要はあるので、注意して下さい。

そのような注意点はありますが、あまりお金をかけないで購入できるので、試しに液タブを利用してみたい方には、本製品はおすすめです。